キャリア教育

一貫教育ならではの教育システムが、高い学力を育みます。

中学校と高校の6年間を見据えた計画的な学習指導、生徒指導、進路指導により、生徒一人ひとりの能力と個性を見出し、最大限に引き出していく、一貫教育ならではの教育システムを導入しています。「次代のリーダー」の育成を目指し、将来の進学目標をかなえる高い学力を育てます。

クラス替え

中高連携による一貫教育

中高連携による一貫教育で、生徒の3年後、6年後、10年後に責任を持ちます。

学習指導

「一人ひとりを大切にする」という教育理念の下、生徒の特性にあった習熟度別指導や授業時数の確保により、高い学力の定着を目指します。漢字テスト・英単テスト・計算テストや各種検定試験など、あらゆる機会を捉え、生徒の意欲や関心を喚起するようにしています。すべての生徒が持っている可能性(学力)を最大限に伸ばすことが目的です。

進路指導

教室での授業だけでなく、様々な体験活動や職場体験等を通し、社会と自己との関わりやこれからの生き方について考えさせます。そして、将来の夢や職業を思い描きながら、中学校・高校卒業後の進路について、主体的に決定できるように導いていきます。生徒一人ひとりが、自分の将来の夢を叶える力、未来を拓く力を育てます。

Program01 圧倒的に多い授業時数の確保

十分な時間を掛けて、高い学力を育みます。

公立中学校に比べ、主要3教科は約1,000時間も多い!

本校では、豊富な授業時数を確保し、高い学力を養成するだけでなく、さまざまな教育活動を通して視野を広げ、心を育む教育を推進しています。知識習得の学習はもちろん、高い理想やビジョンを持ち、将来へのシナリオを構築していく力も育てます。

公立中学校との授業時数の比較

Program02 個を大切にしたきめ細やかな指導

本校独自の指導方法、サポート体制で生徒の力を伸ばします。

生徒数

1クラス20〜25人を基準にクラス編制

 少人数の中で個を大切にし、思考力・想像力を育み真の学力を養成していきます。すべての教師が生徒たちの学習や生活の様子を把握し、もっと「輝く私」の実現に向け指導しています。落ち着いた学習環境の中で、学びも生活も楽しみながら学校生活を送ることができます。

習熟度に応じたクラス編成

 全学年において、各自の習塾度や希望によりクラス分けをしています。教科担任は生徒のそれぞれの苦手意識や興味・関心を見極め、指導方法及び指導教材を工夫し、授業を進めています。生徒同士が切磋琢磨する環境の中で、さらなる学力アップにつながっています。

特別教室で少人数指導

 テスト前になると勉強モードに切り替わります。積極的に先生を捕まえて放課後に学習会を行っています。

習熟度の違いが大きい教科においては、さらに小さい集団で、きめ細かに指導!

 習熟度別に編制したクラスを、さらに小さな集団(3クラス→4クラス)に分けて学習指導を行います。

ページトップへ