教科別学習指導

未来の夢を一緒に育ててくれる、先生たちがいます。

生徒との距離を近くし、一人ひとりが抱える悩みや勉強で分からないことを相談できる学習環境を提供します。
豊富な授業時数ときめ細かな指導により、一人ひとりが夢や目標に向かって大きく羽ばたけるよう育てていきます。

大崎 真梨絵

語彙力・読解力・表現力を高め、自分の思いを的確に表現できる生徒にしたい。

 国語科では、「話す」「聞く」「書く」「読む」という4つの力をバランスよく育て、生徒が自分の考えを正確かつ自由に表現できることを目指しています。
 特に、授業では、確実な読解力を養成するために、様々なジャンルの文章に触れさせ、ポイントを押さえた丁寧な読みを通して、筆者の意図をくみ取らせることに努めています。
 また、生徒に課題意識を持たせ、話し合いや発表、スピーチの機会を多く取り入れることにより、表現の楽しさも味わわせています。細かいステップでチャレンジできる独自の漢字昇級テストや、日本漢字能力検定への挑戦も、生徒のやる気を高め、努力の大切さを実感させることにつながっています。

[国語] 大崎 真梨絵 教諭

前田 健太郎

常に視野を広め、自ら考え、判断し、国際人として戦える力を育てたい。

 社会科では、社会に対する関心を高めるとともに、広い視野に立って様々な資料を的確に読み取ったり、多面的・多角的に考察したりしながら理解を深めるようにしています。
 また、調べた内容や自分の考えをまとめたり、グループやクラス全体で意見交換をしたりするなどの主体的な学習活動を通して、積極的に授業に参加する生徒を育てています。

[社会] 前田 健太郎 教諭

大崎 泰子

“数学を解く楽しさを一人でも多くの生徒に味わってほしい”と願い、一人ひとりと向き合うことを大切にしながら日々の授業に臨んでいます。

 数学科では、小学校での学習内容を踏まえながら、数量・図形などに関する基礎的な概念や原理・法則についての理解をより深められるように、また、数学的活動の楽しさや数学の有用性を実感しながら学べるように、できるだけ具体的事象等を大切にした教材づくりを行い、興味・関心を高める授業の導入・展開に努めています。
 また、生徒が自ら意欲的に取り組み、数学的な表現や処理の仕方を習得できるよう、反復練習のための小テストや、細かいステップでチャレンジできる独自の昇級テスト等も多く取り入れています。

[数学] 大崎 泰子 教諭

木津 竜馬

日常生活の中に満ち溢れている「自然」に目を向け、様々な物事・現象に疑問をもつ生徒になってほしい。

 理科では、日常生活の中で起きている事象に、興味・関心・疑問を持ち、考え、予想し、探究していくことが重要です。そこで、授業では、単元の最初に、生徒に驚きや疑問を持たせる「導入」を工夫し、「興味・関心」「やる気」に繋げています。
 その上で、探究に必要となる基礎的な知識を身に付けさせたり、観察・実験を計画的に進める力や得られたデータ等を整理したり、考察したり、まとめたりする力を育てています。
 また、生徒が主体的に活動しようとする力や、グループ等での話し合い、クラス全員の前での発表など、コミュニケーション能力の育成にも力を入れています。

[理科] 木津 竜馬 教諭

佐藤 千恵里

「英語」というコミュニケーション能力を身に付け、世界の人々の様々な生活や習慣、歴史、伝統文化などについて、理解を深める楽しさを実感してほしい。

 英語科では、グローバル社会を生きる子供たちに、自ら課題を発見し、他者と力を合わせながら課題に挑み、解決する力を育むことを目指して授業を行っています。
 そのためにも、まずは英語を好きになってもらうこと。本校では、英語の授業が楽しいと感じてもらえるよう、使用する教材等の工夫をするとともに、ALTと会話する機会をできるだけ多く取り入れるなど、英語に慣れ親しめる環境づくりに努めています。
 その上で、英語の4つの技能である「聞く」「話す」「読む」「書く」のスキルアップを図るためのトレーニングや、細かいステップでチャレンジできる独自の昇級テスト、宿泊を伴うイングリッシュセミナー、放課後の個別指導など、生徒の意欲を高めるための様々な取り組みを実施しています。

[英語] 佐藤 千恵里 教諭

ページトップへ