会則 福井中学校 同窓会「桜花会」

会則

会則

第1章 総 則

(名称)
第1条 本会は、福井工業大学附属福井中学校同窓会(通称 桜花会)と称する。

(事務局の所在地)
第2条 本会は、事務局を福井工業大学附属福井中学校内に置く。

(支部の設置)
第3条 本会は、総会の議決を経て、必要な地に支部を置くことができる。

第2章 目的及び事業

(目的)
第4条 本会は、学校法人金井学園の建学の精神に則り、会員相互の親睦を図り、母校の発展と振興に寄与することを目的とする。

(事業)
第5条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. (1)会員相互の連絡と親睦
  2. (2)母校発展のための援助
  3. (3)会報及び会員名簿の発行
  4. (4)その他、前条の目的を達成するために必要な事業

第3章 会 員

(会員の種類)
第6条 本会の会員は、これを正会員と特別会員の二種とし、それぞれの会員となる者は、次の各号に該当する者とする。

  1. (1)正会員
    福井工業大学附属福井中学校を卒業した者
  2. (2)特別会員
    福井工業大学附属福井中学校奉職者、または奉職したことのある者

(会員資格の喪失)
第7条 会員は、次の事由によってその資格を喪失する。

  1. (1)死亡
  2. (2)除名

(除名)
第8条 会員が次の各号の一に該当するときは、総会の議決を経て会長がこれを除名することができる。

  1. (1)会員としての義務に違反したとき。
  2. (2)本会の名誉を傷つける行為又は本会の目的に反する行為のあったとき

第4章 役 員

(役員の定数)
第9条 本会は、次の役員を置く。

  1. 会 長 1名
  2. 副会長 若干名
  3. 評議員 卒業年度毎に若干名
  4. 書 記 2名
  5. 会 計 2名
  6. 監 事 2名

(役員の選任)
第10条 役員の選出にあたっては、次のとおりとする。

  1. (1)会長及び副会長は、評議員会で推薦し、総会の承認を経て決定する。
  2. (2)評議員及は、卒業年度毎の正会員の内から、本会の事業に容易に参加し得る者を選出し、役員会の承認を経て決定する。
  3. (3)書記、会計及び監事は、総会で正会員の内から選任する。

(役員の任期)
第11条 本会の役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

(役員の職務)
第12条 本会の役員の任務は、次のとおりとする。

  1. (1)会長は、本会を代表し、会務を総理し、総会、役員会の議長となる。
  2. (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
  3. (3)評議員は、評議員会を組織し、本会則に定める事項を審議する。
  4. (4)書記は、各種会議の議事の記録、並びに会議の開催通知状作成、及び発送、発受信書類の管理を行う。
  5. (5)会計は、本会の会計事務を行う。
  6. (6)監事は、会計を監査し、総会に報告する。

(顧問)
第13条 本会には、顧問を置くことができる。顧問は会長の推薦により、評議員会の承認を経て決定する。

第5章 会 議

(会議の種類)
第14条 本会の目的達成のため次の会議を行う。会議の議決は出席者の過半数をもって成立する。

  1. (1)総会
  2. (2)役員会
  3. (3)評議員会
  4. (4)委員会

(総会)
第15条 総会は、年1回以上開催し、次の事項を行う。

  1. (1)会則の決定、変更
  2. (2)役員の選出、承認
  3. (3)事業計画の承認
  4. (4)予算、決算の承認
  5. (5)その他必要な事項

(役員会)
第16条 役員会は、会長が招集し、本会の事業計画、予算案、並びにその他重要事項の審議を行い、評議員会へ提案する。

(評議員会)
第17条 評議員会は、会長が招集し、本会の事業計画、予算案、並びにその他重要事項の審議を行い、その結果を総会へ報告し、承認を求める。

(委員会)
第18条 委員会は、役員会、評議員会が協議を必要と認めたとき開催する。

第6章 経 費

(収入)
第19条 本会の経費は、正会員の入会金、会費、並びに評議員会において承認されたその他の収入をもって充てる。

(入会金)
第20条 正会員の入会金は、金1,000円とする。

(会費)
第21条 正会員の会費は、金4,000円とする。

(既納会費の不返還)
第22条 既納の入会金、会費は、いかなる理由によるもこれを返還しない。

附 則
この会則は、平成23年5月14日から施行する。