新型コロナウイルス感染に関する理解と対応について お知らせ 福井中学校

お知らせ

お知らせ

新型コロナウイルス感染に関する理解と対応について

 現在、新型コロナウイルス感染症について、ワクチンが臨床実験段階にあるものの、まだ実用化には至っておりません。したがって、私たちは、当分の間は、With Corona(ウイズコロナ)の生活様式で学校生活を送る必要があります。
 皆さんには、半年以上も、行動の自粛や自宅待機などで移動や生活を我慢してもらっています。ありがとうございます。最近では、県外からのウイルス持ち込みによる感染は減少し、家族内での感染が拡大していました。これは、皆さんでは防ぎようがありませんので、仮に家庭内に濃厚接触者や感染者が出た場合には、校内で二次感染が拡大しないようにみんなで注意をしましょう。
 今回、本校で感染者が1名出ましたが、幸いにも校内での広がりはありませんでした。皆さんが、マスクの着用と教室の2か所の換気など3密を避ける行動を守ってくれたからです。皆さんに感謝したいと思います。
 何度も言いますが、家庭(家族)で、濃厚接触者がでたり、PCR検査を受けた人が出たり、感染者が出た場合には、すぐに学校に連絡し、自分には症状がなくても、自宅で待機してください。

 さて、新型コロナウイルスの特性が徐々に科学的に解明されつつあります。 厚労省によると、感染者は、軽症や無症状であれば、発症日または陽性判明日から10日で完治するという見解が出ています。医者が判断すれば退院できるのです。さらに、72時間(3日)経過観察して、発熱や風邪症状がなければ、仕事復帰や学校に登校してもいいことになっています。
 今回、感染した本校の生徒は、28日に発症し、翌日から熱はなく、10日後の9月8日に退院しました。その後、3日間発熱等もないので、様子を見ながら、元気に登校することになります。私たちは、感染疑いがある要観察者であるので、2週間(9月14日まで)体調の経過観察をすることになっています。部活動を頑張りたいと思っている人がたくさんいると思いますが、期末考査と体育祭が18日(金)に終わった後に、練習や対外試合をガンガンやってください。10月2日3日の福井市区秋季新人大会に万全の準備をして、存分に力を発揮してください。

 最後に、今回のことを踏まえ、福井中学校の生徒全員が、この感染症を正しく理解し、これからも、「新しい生活様式」を守り、検温、マスク着用、手洗い、3密を避ける行動(教室の2か所の換気、ソーシャルディスタンスをとる、大きな声を出さない)を続けて徹底してくれることを期待します。
 また、最も大事なお願いですが、私たちはいつ感染するかわかりません。誰が感染するかわかりません。今回のように、校内に感染者が出た場合、当人が完治し、退院し、登校したときに、避けたり、からかったり、いじめたりするような「心ない行動」は厳に慎んでください。
 くれぐれも、誤解や偏見による差別やメールやラインなどのSNS上での誹謗中傷などは慎んでください。違反者には厳しく対応します。

校長
佐々木 栄秀